21ライブゲーム配信する方法【OBS】

配信

今回は21ライブでゲーム実況ができるって聞いたんですが、やり方がさっぱりわかりませんでした、そこでいろいろ調べてOBSでスマホの画面を映し21ライブで配信するまでの流れを紹介しようと思います。

用意した物

PC:OBSを使うにはPCが必要!OSはWindows10です。

OBS:配信をするために必要!OBSのダウンロード

ビデオキャプチャーボード:PCにスマホの画面を表示させるのに必要!

HDMI変換アダプター:オーディオインターフェイスにスマホを接続するために必要です!

オーディオインターフェース:配信内にスマホの音、PCからのBGMを流すのに必要です。

マイク:せっかくオーディオインターフェイスを買ったんだし音質よいほうがいいよね。

構図

PC

僕の初めて配信を行った時のPCのスペックは、、、

CPU:i3-8100

配信中CPUの処理で困ったことはない

RAM(メモリ):32GB

32GBは完全にオーバースペック!!

最低8GB以上あれば、PCでゲームしない限り行けると思いま
す!

GPU:GTX 1060

OBSの画像処理をGPUにさせているが、スマホの画面くらいなら困ったことはない。

~インターネット環境~(Fast.comにて)
下り:260Mbps
上り:310Mbps

上り30Mbpsあれば安心レベル!
肝心なのは安定性!

安定性はFAST.comのレイテンシというところを参考にします。
この数値が高ければ高いほど通信が不安定
逆に0に近いほど安定しています!

OBS

OBSのダウンロード

OBSの使い方はこの方のサイトを参考にしました。

ビデオキャプチャーボード

僕が使っているビデオキャプチャーボードはAVerMediaさんのLGX2です。

LGX2をアップデート

まずはPCにLGX2を接続します。
そして、LGX2をお使いのPCで使えるようにプログラムのDLとアップデートを行うドライバーをAVerMediaさんの公式サイトからインストールします。

AVerMedia_Assist_Central_v(バージョン名)を開くとアップデート診断が始まるのでアップデートを押してアップデート!

アップデートが終わった画面

アップデートが完了するとAVerMedia RECentral 4v(バージョン名)というソフトがデスクトップにインストールされます!

LGX2を使うためのソフトをDL!

LGX2をPCが認識できるようになったので次にLGX2からの出力を受け取るためのソフトをDLしていきます!
AVerMedia RECentral 4v(バージョン名) を起動して画面に従ってAVerMedia RECentral 4 をDLしましょう!

AVerMedia RECentralを起動

OBSなどの他の画面キャプチャーが起動していると下の画像のように画面がキャプチャーされません!また、逆にRECentalが映って他のキャプチャーソフトに画面が映らないなどがあるので、キャプチャーデバイスを起動させるときは必ず一つだけにしましょう!

OBSを起動させてRECentralを起動させると、キャプチャーデバイスを使用していますと出てきて画面が出てこない。

iPhoneやiPadの画面をキャプチャしたい場合は写真の左上の歯車マークをクリックして設定を開きます。

  1. 使用しているキャプチャーデバイスを選択
  2. 画面上中央のHDCPを選択
  3. HDCP検出機能をオフ

※これをしないと画面が表示できません。
PS4の画面が映らない時もHDCPをオフにすると映りますが、著作権で引っかかる部分も映ってしまう可能性もあるので気を付けましょう!

HDMI変換アダプター

スマホの入出力はアップルはLightningケーブルと一部最近の端末はUSB TypeC、androidは今はUSB TypeCが多いですね。なのでこのコネクタをHDMIケーブルに繋げれるように変換する必要があります。

僕が買ったHDMI変換ケーブル

僕が買ったのはUNIさんのHDMI変換ケーブル
こちらはコネクタ部分がUSB TypeCです!
僕はこれでROGPhone2とiPad4Airを繋げましたが、両方正常に接続できました!

※ コネクタがLightning場合はこのUSB TypeCのコネクト部分がLightningのものを選びましょう!

オーディオインターフェイス

僕が使っているYAMAHA:AG03

これがないとゲーム音やPCからのBGMを配信内に流すことができません。

YAMAHAオーディオインターフェイスをPCに認識させる

ビデオキャプチャーデバイス同様ドライバーがないとPCに認識されません。なので、まずはドライバーをDLしていきます!
※ドライバーをインストールするまではPCにYAMAHAのオーディオインターフェイスは接続しないことが推奨されてるみたいです。

ドライバーをダウンロードする

まずは公式サイトからドライバーをDL
※このリンクはAG3様です。AG06はこちら

OSを確認しDL
(windows10なら一番上でOK)

ドライバーをインストールする
  1. DLしてきたzipファイルを展開又は解凍してファイルを開きます。
  2. ファイルの中のsetup.exeを見つけ起動します。
  3. 後は画面に従ってインストールするだけ!
  4. その後PCとAG03を接続し、AG03の電源を入れます。
  5. すると再生リストにAG03が出てきます。

ライン(2‐AG06/AG03) がオーディオインターフェイス

このライン(2‐AG06/AG03)を選択し、AG03に接続したイヤフォンから音が出たら正常に動作しています!

YAMAHA(AG03)の使い方はこの方を参考にしました。

AG03の不具合?
不具合?1:定期的な音質の劣化

僕はこのオーディオインターフェイスを購入して音楽を聴いていましたが急に一定間隔で音がバリバリと言い出し、音質が劣化してまたもとに戻る、、、という現象が起きました。
この現象はドライバーの問題でsetup.exeをもう一度起動させ再インストールすると治りました!

不具合?2:マイクの音質が定期的に劣化

AG03にマイクを繋げ録音して実際に聞いてみると不具合?1のように音質が劣化していました。この現象もドライバーの問題でしたが先ほどのようにsetup.exeで再インストールしても僕の場合は治らなかったので公式サイトからもう一度setup.exeをDLしてドライバーを再インストールすると治りました!

オーディオインターフェイスを使わないでゲーム音とBGMを入れる。

コレはあまり推奨しませんが単純にPCから出てきた音をマイクで取り込むという方法ですが、音質が悪くエコーがかかったりするのでおすすめしません!

マイク

せっかくオーディオインターフェイスを購入したのですからUSB接続のマイクではなくXLRケーブルのマークを買いましょう!

僕の買ったマイク

僕はuhuruさんのXLR-XLRケーブルマイクを購入しました。

後はマイクのケーブをオーディオインターフェイスに接続するだけです!

※コンデンサーマイクはオーディオインターフェイスの+48Vボタンを押さないとマイクを使用することができません。さらに+48Vボタンをオンオフする際はフェイダーを一番下まで下げて行うことを推奨されています。
AG03の電源AG03をPCからコードを抜く、マイクのコードを抜くときは、フェイダーを下げて、+48V ボタンをオフにしてからじゃないとマイクが壊れるそうです。(ビビッてやったことないからほんとに壊れるかわからないけど。)

21ライフの配信準備

さーて、ついに配信一歩手前まで来ました。OBSには映したい画面が映ってますか?マイクは認識されていますか?でわ、配信していきましょう!

配信をする前に

・OBSを起動して配信したい画面にしておきます。
・OBSの仮想カメラモードをオンにします。
・BGMとゲーム音を出すにはOBSの音声ミキサーの中にある項目の歯車マークを押してオーディオ詳細プロパティを開き、音声モニタリングの欄をマイク以外をモニターと出力にしておき、自分でゲーム音とBGMが聞こえるようにしておきます。
・AG03のTO PCと書いてあるループバック機能をLOOPBACK にしておきます。

21ライブにログイン

まずPC検索エンジンで公式サイトに飛んでも弾かれてしまうので、モバイル版に切り替えます!

僕はGoogleChromeを使っていますのでGoogleChromeでの解説をしていきます!

まずGoogleChromeを起動させたら画面左上のアプリボタンをクリック

そしたら、この中のウェブストアをクリック!

この画面が開いたら、画面左上のストアを検索でMobileLayouterと検索

出てきたMobileLayouterをクリックしchromeに追加をクリック!すると拡張機能に追加されます!

すると画面右上にMLというアイコンが出てきます。ない場合は画像のジグソーパズルのピースボタンから拡張機能をオンにしてくだい!

MLアイコンを押すとこのような画面が開きます。とりあえずiPhone 8 Plusを選んどいたら間違いないです!

選択したらもう一度21ライブの公式サイトに飛ぶと。すると21ライブのサイトにログインすることができます!

ログインしたら画面下の配信をクリック

ライブ配信を選択

配信カテゴリとサムネ画像を選択して配信開始をクリック
※配信を開始を押しても配信はまだされません。

この画面になったら画面右下のカメラマークをクリックしてOBSで出している画面が映ったらOK
※画面が映らない場合OBS側の仮想カメラモードがオンになっていない場合があります。
※画面が反対に映りますが配信上はちゃんと見えています。
※ゲーム音が聞こえない場合、AG03のループバック機能がLOOPBACKになっていない可能性があります。

公開を押すと配信が始まります!

画面サイズを合わせる

公開を押して配信を始めるのはいいですが実はPC上で映っている画像と視聴者とは画面の映っている範囲が違うのでスマホで別の21ライブのアカウントを作ってスマホで自分の配信を見てみることで画面の大きさを設定するとすんなり配信を進めれますし、自分の声やゲーム音、BGMが出ているなどの確認ができるのでおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました